花銀杏     10句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
花銀杏ひそかに庵の開かれし 小澤克己 遠嶺 199807
逃げやすきものに言の葉花銀杏 公山礼子 200207
花銀杏涛のかがやき道にまで 岡本眸 200404
大銀杏花こぼす日を重ねをり 永田二三子 酸漿 200508
花銀杏鐘楼堂へほたほた散る 松崎鉄之介 200607
降り敷きて絨毯めけり花銀杏 松崎鉄之介 200607
花いてふ地に鳴き交はす晝の鳩 佐藤喜孝 あを 200908
夕鐘に銀杏は花を零しけり 西畑敦子 火星 201107
銀杏の花いつも気付かず墓地の道 田中藤穂 あを 202007
子どもらがはしゃぎかけ合ふ花銀杏 秋川泉 あを 202106

 

2022年4月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。