花茣蓙      30句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
花茣蓙の花織りつくし星雲図 栗栖恵通子 199809  
花茣蓙におのづと夫の座のありて 小林信江 199810  
花茣蓙のタオルへ嬰を寝かせけり 田所節子 199909  
花茣蓙の音のしづかになつてきし 岡本高明 200007  
花茣蓙の大輪に坐し川下り 鷹羽狩行 200009 最上川
花茣蓙を夫にゆづりぬ少しの間 田畑幸子 火星 200009  
花茣蓙は昼よりの空黄なるかな 岡井省二 200105  
花茣蓙や眼閉づれば母の国 石橋翠 いろり 200108  
花茣蓙や風の道ある寺座敷 高鴨アヤ子 春耕 200109  
花茣蓙といふ大輪を広げたる 鷹羽狩行 201007  
貰はるる積木拭ひぬ花茣蓙に 辻美奈子 201009  
椅子よりも花茣蓙親し書を開く 宮崎裕子 春燈 201010  
花茣蓙や荘の主は里見ク 今井千鶴子 ホトトギス 201012  
花茣蓙にけふの疲れを癒されよ 安原葉 ホトトギス 201012  
花茣蓙といふもてなしに寛ぎぬ 安原葉 ホトトギス 201012  
花茣蓙の染みの記憶もなつかしく 稲畑汀子 ホトトギス 201107  
花茣蓙や面打つ女膝くずし 有田蟻太 201109  
花茣蓙にでんぐり返り姉弟 角谷美恵子 ぐろっけ 201109  
花茣蓙や膝つく暮し軽やかに コ田千鶴子 花の翼 201111  
ひと雨のありし花茣蓙父居らず 山田美恵子 火星 201310  
花茣蓙に転び仰げり雲竜図 鍋島武彦 末黒野 201310  
花茣蓙の花につまづく齢かな 鶴巻誉白 ろんど 201408  
花茣蓙に足だけのこし眠りし児 関桂二 201603  
花茣蓙の青にかしこむ膝頭 鎌田光恵 201711  
花茣蓙にひとり遊びて万華鏡 辻響子 201806  
体温ののこる花茣蓙たたみけり 岩波千代美 馬醉木 201807  
花茣蓙一枚母と子の小宇宙 柴崎富子 白地 201909  
花茣蓙や庭へ向きたる母の席 山田閏子 ホトトギス 201912  
花茣蓙を敷きて客問となりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 202007  
花茣蓙へひとりの気儘観世音 阪倉孝子 202008  

 

2020年7月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。