浜昼顔   104句

青田行く水はながれて磯原の濱晝顔の磯に消入りぬ    長塚節

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
這ふものは強し砂丘の浜昼顔 鷹羽狩行 199809  
ふだん着の亡母の来てゐる浜昼顔 長尾康子 風土 199810  
男より逃げて浜昼顔となる 鳥居真里子 船団 199812  
靴の砂浜昼顔に来て落す 別府優 199901  
浜昼顔椅子の退屈知っており 今城知子 船団 199902  
漂着のものにハングル浜昼顔 花藤原照子 199911  
蓬島へ徒歩にて渡る浜昼顔 伊丹さち子 馬醉木 200007  
逝くときは浜昼顔に尋うてから 竹村悦子 銀化 200008  
浜昼顔背向き真向きてうからなり 下村志津子 銀化 200009  
引潮や浜昼顔が崖に這ふ 中野菊子 春耕 200009  
踏まれても踏まれても咲く浜昼顔 佐藤琴 200009  
浜昼顔ポッと口開け午睡の漁夫 伊藤和 海程 200011  
浜昼顔異国語の瓶流れ着く 石本百合子 馬醉木 200012  
空耳になって浜昼顔のなか 佐渡美佐子 船団 200102  
風紋に浜昼顔の色揃ふ 稲畑汀子 ホトトギス 200105  
しぶくたび浜昼顔の数増やす 藤井圀彦 200108  
浜昼顔黒潮浜を洗ひをり 渕江千代 酸漿 200109  
浜昼顔這ふ単線の能登鉄路 岡田有峰 築港 200309  
浜昼顔油塔は赤き火を噴けり 川瀬信子 築港 200309  
浜昼顔打ち寄す波のしづかなり 川瀬信子 築港 200309  
海風の肌に重たき浜昼顔 朝倉治美 200310  
網干さる灯台の下浜昼顔 加藤梅窓 200310  
浜昼顔砂中に魚の骨あまた 佐藤佐代子 200311  
浜昼顔自転車砂に呑まれたる 恩田甲 百鳥 200408  
浜昼顔夜は大地の声を聞く 今井松子 遠嶺 200410  
捨て網をがんじがらめの浜昼顔 中山砂光子 200410  
浜昼顔八方風のメヌエット 和田幸江 春燈 200507  
声かけて浜昼顔の砂拂ふ 岡本眸 200507  
夕ぐれや浜昼顔は砂の星 坂本京子 200508  
日かげれば浜昼顔に涛とどく 岡本眸 200508 鴨川
浜昼顔かばひやうなき吹かれやう 岡本眸 200508 鴨川
浜昼顔かばふべく海背にしたり 岡本眸 200508 鴨川
手触るれば浜昼顔の紅ほのか 岡本眸 200508 鴨川
浜昼顔アフロディーテの足跡か 岩月優美子 200509  
廃船や浜昼顔の一叢に 森理和 あを 200509  
浜昼顔皆口開けて日照雨そばえ受く 村上和子 ぐろっけ 200510  
燈台の浜昼顔が咲き揃ふ 岩木茂 風土 200608  
浜昼顔砂のくづるる音を聞く 合川月林子 ぐろっけ 200610  
はまひるがほ手囲ひて砂やはらかし 佐々木幸 200611  
浜昼顔波の置砂風除けに 官林千枝子 200708  
日も風も力ゆるめず浜昼顔 北川英子 200708  
浜昼顔の中の眠たさ潮満ち来 泉田秋硯 200709  
引けば引く砂の力の浜昼顔 大山良子 200710  
漁港への別れ路に咲く浜昼顔 松崎鉄之介 200807  
浜昼顔白秋歌碑へいま少し 斉藤小夜 風土 200809  
浜昼顔旧塩田の風今に 岸本林立 雨月 200809  
白秋碑へ浜昼顔の咲ける径 和田一 雨月 200810  
隠れ咲く浜昼顔も一会かな 小山繁子 春燈 200907  
白砂の浜昼顔のさんざめく 三輪初子 炎環 200908  
白砂を侵せし熔岩や浜昼顔 山本浪子 風土 200908  
浜昼顔砂地に仕付打つてをり 高橋道子 200908  
廃船へ浜昼顔の絡みつく 笠井敦子 200908  
浜昼顔握手せぬこと悔ひてをり 竹内美穂 炎環 200909  
浜昼顔黒き腕の新五郎 松本平八郎 炎環 200909  
息できぬほどの潮風浜昼顔 鈴木多枝子 あを 200909  
戸口より浜昼顔の番屋かな 石田阿畏子 馬醉木 200910  
海鳴や浜昼顔の蔓惑ひ 木下ふみ子 馬醉木 200910  
鳴砂に浜昼顔の咲きゐたる 山田六甲 六花 200910  
浜昼顔佐渡のみやげの花咲けり 三浦カヨ子 酸漿 200911  
浜昼顔夢は追ふもの掴むもの 岩月優美子 201008  
波が呼ぶ浜昼顔の競ひ咲き 中川すみ子 201009  
浜昼顔つぎの大浪待ちをりぬ 川端俊雄 火星 201010  
カツプラーメン急に食べたし浜昼顔 森理和 あを 201010  
浜昼顔沖白みくる通り雨 寺岡ひろし 雨月 201108  
遠き帆へ浜昼顔の揺るる音 平野みち代 201109  
ひと群の浜昼顔や空碧き 堺昌子 末黒野 201109  
潮騒を聞く浜昼顔と共にゐて 松嶋一洋 201109  
廃船を浜昼顔の囲むかに 大崎紀夫 やぶれ傘 201109  
浜昼顔高き波音地に響き 中村弘 末黒野 201110  
眠りても浜昼顔の群生す 川村文英 ろんど 201208  
廃船の鉄にからまる浜昼顔 三浦澄江 ぐろっけ 201208  
舟板や浜昼顔に影もなし 山田六甲 六花 201208  
浜昼顔潮風荒き日なりけり 羽賀恭子 201210  
小港に浜昼顔の咲くところ 瀬島洒望 やぶれ傘 201210  
浜昼顔砂の火照りを花にして 岩木茂 風土 201311  
天を向く浜昼顔は雨を恋ひ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
風紋に浜昼顔の咲きゐたる 鎌田光恵 201408  
浜昼顔無心の刻をいとほしむ 岩月優美子 201408  
浜昼顔杖の三鬼の立ちし浜 内海良太 万象 201408  
向き合うて浜昼顔と目で遊ぶ 市川伊團次 六花 201409  
海神へ浜昼顔がラッパ吹く 山口ひろよ 201509  
足跡は浜昼顔の方へ逸れ 大崎紀夫 虻の昼 201510  
浜昼顔錨いくつか岸に錆び 大崎紀夫 虻の昼 201510  
バス降りて浜昼顔の咲く岬 瀬島洒望 やぶれ傘 201510  
海の綺羅浜昼顔に及び来る 河野美奇 ホトトギス 201511  
浜昼顔体に入りし水の出る 津田このみ 船団 201602  
九十九里浜昼顔のふるへあふ 大山春江 万象 201608  
漁了ヘし男ら酔ひて浜昼顔 柴田佐知子 201611  
浜昼顔真夜は匍匐そ解くならむ 高橋道子 201709  
浜昼顔海より闇の来てをりぬ 和田照海 京鹿子 201710  
波音に浜昼顔は襞を解く 稲畑廣太郎 ホトトギス 201806  
ふるさとの浜昼顔の咲く夕べ 稲畑汀子 ホトトギス 201806  
国土削ぐ海や浜昼顔も痩せ 田中臥石 末黒野 201808  
群落の浜昼顔に波の音 海渡たみ 馬醉木 201809  
浜昼顔砂の風紋渚まで 藤生不二男 六花 201809  
浜昼顔砂にあそべる指の美し 藤生不二男 六花 201809  
引く波の鞣す浦曲や浜昼顔 菅野日出子 末黒野 201908  
浜昼顔揺れて波音風の音 岡野里子 末黒野 201910  
浜昼顔砂やはらかく崩れけり 住田千代子 六花 201910  
靴跡は浜昼顔のところまで 住田千代子 六花 201910  

 

2020年6月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。