母子草     76句

母子草すぐに野宿がたばこかな    路通

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
手ごたへもなく抜かれけり母子草 服部幸 199907  
母子草なほ一雫古墳午 丸山海道 丸山海道全句集 199910 石上神社
遺伝子のやさしさうにも母子草 後藤立夫 ホトトギス 200008  
突つ立てるポプラの裾の母子草 浜口高子 火星 200008  
廃工場何も彼も銹び母子草 藤田宏 200104  
父子草もどきあり母子草もどきなし 大橋敦子 雨月 200106  
母子草残して終る庭手入 会川昌子 春耕 200107  
電柱の動かぬ影に母子草 丸山佳子 京鹿子 200205  
城垣の囲ふ日溜り母子草 堀田恵美子 雨月 200206  
長寿社会対策地区に母子草 松崎鉄之介 200207  
掃出しの高さに咲ける母子草 大山文子 火星 200207  
たまさかの日射しの中の母子草 関口ゆき あを 200303  
母子草毛吹き了へたる昼の月 関口ゆき あを 200304  
野に還る田に母子草父子草 佐藤国夫 馬醉木 200305  
大時計の鳴り父子草母子草 中野京子 200306  
枯果てて風に寄り添ふ母子草 岡久枝 酸漿 200403  
音沙汰のなき子を案ず母子草 八木葉子 酸漿 200406  
鋳物師千人住みたる河原母子草 松崎鉄之介 200507  
捨て台詞かみしめてをり母子草 斉藤裕子 あを 200606  
山家の朝火のまだ恋し母子草 野口みどり 酸漿 200607  
父征きて荒れし畑や母子草 田畑時男 河鹿 200607  
わが歩む径かも知れぬ母子草 平山勝子 河鹿 200608  
車疾走路肩にけなげ母子草 長崎桂子 あを 200705  
母子草揺れ素覚尼の五輪塔 角直指 京鹿子 200709  
駐車場の車輪に触るる母子草 松崎鉄之介 200807  
埋もれ咲く母子草へと日の恵み 久永つう 六花 200810  
岩棚に風の届きて母子草 國永靖子 ぐろっけ 200904  
ままごとの叱る仕種や母子草 藤見佳楠子 200905  
名を知りてより親しめり母子草 武田漣 炎環 200905  
子規庵の土蔵に「セコム」母子草 本田修子 炎環 200906  
野のはてに買ふ母子草父子草 神蔵器 風土 200906  
母子草満ち足らざりし昼の月 村田冨美子 京鹿子 200907  
碌山の庭にひっそり母子草 増田一代 201007  
火口湖のお釜のほとり母子草 阿部悦子 酸漿 201012  
楠妣庵の坂の麓の母子草 塩見治郎 雨月 201106  
母子草たはしで洗ふズック靴 坂場章子 201106  
野地蔵の裾を取り巻き母子草 丹生をだまき 京鹿子 201106  
母子草摘めば追懐母偲ぶ 渡辺安酔 201106  
留守居の児思ひ出させる母子草 竹内悦子 ちちろ虫 201108  
雉の句碑裏へ回れば母子草 前島幸 万象選集 201205  
乾びたる土に足跡母子草 大島英昭 やぶれ傘 201207  
姉多き定めに生まれ母子草 大橋晄 雨月 201208  
母子草女系も我で途絶ゆるか 松井洋子 ぐろっけ 201208  
母子草殉死の塚を覆ひたる 桜井知恵子 雨月 201209  
遠き日のきびしき躾母子草 酒井秀郎 返り花 201211  
母子草摘めば田平子ついて来し 後藤比奈夫 ホトトギス 201305  
駄菓子屋に店番をらず母子草 瀬島洒望 やぶれ傘 201305  
ふるさとを捨つるにあらず母子草 西岡啓子 春燈 201407  
そよ風が消えては生れ母子草 杉原ツタ子 201407  
もう母は在さねど親し母子草 河野美奇 ホトトギス 201408  
母子草摘むうちの子もよその子も 今井千鶴子 ホトトギス 201408  
母逝きてよりの親しさ母子草 三輪温子 雨月 201408  
一杯の水呑み終へて母子草 真柄百合子 末黒野 201409  
ふるさとを捨つるにあらず母子草 西岡啓子 春燈 201503  
青空のぐんぐん伸びて母子草 稲畑汀子 ホトトギス 201503  
母子草踏まれてそこが出入口 稲畑汀子 ホトトギス 201503  
母子草その名も母に教へられ 服部珠子 雨月 201506  
風化仏二体のあひの母子草 豊田都峰 京鹿子 201506  
あだし野のしるべ傾ぎて母子草 豊田都峰 京鹿子 201506  
岩場より硫黄のにほひ母子草 大崎紀夫 やぶれ傘 201507  
キャタピラの跡の凹凸母子草 大島英昭 やぶれ傘 201507  
おにぎりをほほばる野辺の母子草 菊池洋子 やぶれ傘 201508  
休耕の田畦に沿ひて母子草 高橋均 やぶれ傘 201508  
売り出しの更地に小さき母子草 時田義勝 やぶれ傘 201508  
墓石に寄り添ふがごと母子草 伊藤由良 末黒野 201508  
寄り添ひてわが身の影に母子草 松田都青 京鹿子 201508  
足軽の殉死の塚や母子草 大橋淳一 雨月 201508  
浴舎より硫黄のにほふ母子草 大崎紀夫 虻の昼 201510  
百歩にて返す散歩や母子草 水原秋櫻子 馬醉木 201604 『餘生』
母子草てふ名に遠き思ひある 井上静子 201604  
おほらかに座を拡げたる母子草 西村しげ子 雨月 201706  
雨風を味方につけむ母子草 藤田美耶子 201706  
母子草入りの餅なりいただかな 後藤比奈夫 ホトトギス 201711  
母子草庭柔らかく暮れ泥む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
空き瓶で囲みし花壇母子草 瀬島洒望 やぶれ傘 201807  
その中に黄色く咲いて母子草 山内四郎 春燈 201810  

 

2019年4月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。