萩 刈     70句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
萩刈つて焚く楽しみに束ねおく 吉田呉天 風土 199812  
萩刈つて桂郎忌まで焚かずおく 神蔵器 199905  
萩刈れば桂郎忌まで一直線 神蔵器 199905  
萩刈られ明るくなりし町筋を 松尾緑富 ホトトギス 199912  
萩寺の萩刈られある広さかな 湯淺苔巌 円虹 200001  
萩刈られかくれ場所なき鬼ごつこ 合川月林子 ぐろっけ 200001  
萩刈りて水遣りであり極楽寺 矢島久栄 200001  
萩刈るを一日伸ばし何惜しむ 田中藤穂 「水瓶座」 200002  
抱き上げてこぼるる萩を刈りにけり 中野和女 風土 200002  
萩刈りしあとに錆びたる花鋏 木野本加寿江 火星 200101  
萩を刈るための半日予約せり 神蔵器 風土 200102  
萩刈つて実朝の海あらはにす 辻前冨美枝 200112  
萩刈つてをり詳報を待つてをり 田村園子 200301  
括り萩大あばれして刈られけり 鎌倉喜久恵 あを 200301  
萩刈つて白き時間と対ひけり 関根洋子 風土 200301  
萩刈つて神の白砂を引き摺りぬ 山本耀子 火星 200302  
萩刈つて天日届く百度石 安部義子 築港 200302  
忙しき子の来て萩を刈りて行く 井口ふみ緒 風土 200302  
枯萩を刈りとる人の面てなり 井上信子 200303  
萩刈りし庭より訪ねこられけり 稲畑汀子 ホトトギス 200310  
ざつくりと来てさつくりと萩を刈る 小澤克己 遠嶺 200311  
萩刈つてあり飯櫃の干してあり 山本あかね 百鳥 200401  
忘却は人の世の常萩を刈る 橘澄男 「山景」 200408  
盲ふまでまひるの萩は刈られけり 八田木枯 「夜さり」 200409  
枯萩を刈りて命を地に鎮め 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
枯萩を刈りて焚く日は又のこと 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
寸分の茎も残さず萩を刈る 久保田雪枝 雨月 200412  
白毫寺の萩刈る頃と思ふのみ 神蔵器 風土 200501  
萩刈りて道行く人の声透る 影島智子 200501  
結界の辺り枯萩刈り残す 辻井桂子 雲の峰 200502  
萩を刈るこれほどまでもと思ひつつ 船越美喜 京鹿子 200502  
先達の鋸入れて萩刈らる 岸本久栄 雨月 200503  
萩刈りて寺苑に新(さら)の風通す 村上和子 ぐろっけ 200602  
萩刈つて尼寺の門現れぬ 三澤いつ子 万象 200602  
浄土句碑萩刈られたる明るさに 中條睦子 栴檀 200603  
萩も刈りつつしみ侍る先師の忌 浅井青陽子 ホトトギス 200704  
萩刈りて風筋通り人通り 和田照海 京鹿子 200802  
心して刈られし萩の跡と見ゆ 中杉隆世 ホトトギス 200805  
萩刈つて野地蔵全身現るるかな 佐藤三男 万象 200812  
枯萩に残る火照りも刈りにけり 前川明子 200902  
浮雲や萩刈る人の細き腕 山下美絵子 遠嶺 200902  
庭隅のうつろとなりし萩刈つて 松尾緑富 ホトトギス 200902  
萩刈りを道行く人が惜しみけり 高橋ひろ 万象 200908  
根元から刈られし萩に惑ふ風 山仲英子 200910  
参道の萩刈る鎌を持たさるる 山路紀子 風土 201002  
萩刈りて広がりし庭石映ゆる 小浦遊月 酸漿 201002  
萩刈つて懇ろに土均しけり 曷川克 遠嶺 201002  
枯萩を刈るご案内名苑に 浅井青陽子 ホトトギス 201004  
限りある生命思ひつ萩刈れり 飯田ひでを 201101  
萩刈るも括るも乾く音の中 橋添やよひ 風土 201101  
水亭の萩刈り始む夕まけて 浅井青陽子 ホトトギス 201104  
萩刈りし跡にひそめし命あり 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
やがて焚くつもりの萩を刈り置きぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
萩刈つてほろほろ二人老いゆくよ 矢田涼 201201  
萩枯れて年一度刈る淋しとも 岸本林立 雨月 201203  
白萩のはや刈られをりガラシヤの忌 神田恵琳 春燈 201210  
草刈りて残りし萩の風に立つ 杉本薬王子 風土 201212  
宮城野の萩のうねりを刈り鎮め 南うみを 風土 201212  
萩刈つて庭の風音遠くしぬ 大場町子 馬醉木 201302  
萩刈つて風筋見えずなりにけり 河合とき 末黒野 201303  
白萩のあばれる枝の刈られけり 白石正躬 やぶれ傘 201312  
札所寺一目万本の萩を刈る 林いづみ 風土 201401  
萩刈つて秋篠寺の月日かな 間島あきら 風土 201402  
白毫寺たまさか萩を刈るに会ふ 落合由季女 雨月 201405  
萩刈つて風ゆく道の広ごれり 本池美佐子 201501  
萩刈られくろぐろ在す石仏 今井妙子 雨月 201602  
萩刈って方丈さまは留守といふ 今井妙子 雨月 201602  
枯萩の紅白もなく刈られけり 稲畑汀子 ホトトギス 201712  
萩刈るや吹つ切るものの二つ三つ 溝越教子 春燈 201802  
萩刈られ寺苑くまなく日当れり 播磨武子 雨月 201803  

 

2019年10月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。