円 座      34句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
春すでに円座二つの置かれある 岡井省二 199905  
山の宿円座の色の新しき 山田弘子 円虹 199909  
水音のそれぞれにある円座かな 田畑幸子 火星 200108  
黄檗の円座並びし甃 桑田青虎 ホトトギス 200109  
知恵の輪の置かれてありし円座かな 延広禎一 200211  
箱根山風のあつまる円座かな 早乙女信 対岸 200309  
円座より杉戸の虎を斜交ひに 大山文子 火星 200309  
ピザパイを六つ切にして円座かな 渡辺智佳 遠嶺 200310  
床下に潮の入り来し円座かな 山尾玉藻 火星 200409  
あぐら居に尾骨のありし円座かな 鷹羽狩行 200507  
仏前に円座賜り百合献花 竹内喜代子 雨月 200509  
一対の円座しづかに時を待つ 横松しげる 遠嶺 200610  
水饅頭老舗の円座に座して待つ 住田千代子 200709  
彫工の円座はみ出す胡坐かな 井村和子 万象 200710  
板の間の黒光りせし円座かな 糸井芳子 200711  
初素読姿凛々しき円座かな 杉本薬王子 風土 200804  
蕉翁像今日は円座が欲しからう 稲畑廣太郎 ホトトギス 200807  
円座よりなんぢやもんぢやの花盛り 浜口高子 火星 200808  
人声に開けたる縁に円座おき 斉藤小夜 風土 200810  
くわんおんの鈴の音ちかき円座かな 丸山照子 火星 200810  
薬湯をすすり定まる円座かな 戸田和子 200811  
人の世に猫も来てをる円座かな 竹内悦子 200909  
神の田に向く能管の円座かな 杉浦典子 火星 200909  
そば切りの大根辛き円座かな 根橋宏次 やぶれ傘 200911  
菓子処床几の上に円座三つ 福島悠紀 ぐろっけ 200912  
新しき円座の並ぶ村祭 佐藤美恵子 201001  
苔の上を風ぬけてくる円座かな 山尾玉藻 火星 201008  
円座敷き梲のあがる老舗かな 和田崎増美 雨月 201109  
円座ひとつ枯山水に対ひけり 豊田都峰 京鹿子 201110  
昼前のからだの下の円座かな 竹内悦子 201209  
円座二つ影なきものの声すなり 中田禎子 201310  
主無き円座に温み残りをる 前田美恵子 201401  
田舎家のモダンな造り円座敷く 木戸宏子 201410  
山よりの風吹き抜くる円座かな 山内碧 201510  

 

2017年5月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。