鱝〈含他季)   18句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
鱝となる新宿高層ビルの谷 神蔵器 風土 199908
赤鱝の針ゆつくりと巻かれけり 瀬川公馨 199909
日のうらに大き赤鱝冬隣 小形さとる 200001
鱝の鰭炙り直せる胡坐かな 今木偉郎 200002
潮入りの池に鱝きて石蕗の花 佐野つたえ 風土 200402
夏暁や糶らるる鱝の声洩らし 西村梛子 馬醉木 200408
赤鱝や太陽界の水の球 天野きく江 200609
鱏のひれひらひら厄日過ぎてをり 瀬戸悠 風土 200712
進む鱏宇宙船めく水族館 田中時子 八千草 200801
留守たのむ夫に煮凝鱏ひらめ 佐藤美紀 ろんど 201004
赤鱝も騙す因幡の白兎 柳川晋 201008
うかうかと梅雨川に鱏迷ひ来て 小山紫乃布 末黒野 201009
ひらひらと鱏の泳ぎも暑に耐えて 久保東海司 201012
雄大に鱏のはためきよぎりけり 長濱順子 201208
竜宮の戻りか鱏のほろ酔ひか 奥井あき 201409
えへらえへら赤鱏泳ぐ早さかな 原田達夫 箱火鉢 201511
つるつると鱏の背に触る桜東風 成宮紀代子 201605
おうい雲赤鱝の呼ぶ夏の雲 竹中一花 202009

 

2022年6月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。