孑孑       110句

孑孑や夜は拮講な堀の月   一茶

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
孑孑で終る命もありぬべし 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
孑孑といふ字も動き出しさうに 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
孑孑といはれるまでは分からなく 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
水置けばすぐ孑孑の湧くところ 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
孑孑に飛火野の空ありにけり 山尾玉藻 火星 199806  
補はれしより孑孑に未来なく 稲畑汀子 ホトトギス 199806  
ぼうふらやこの世は男と女のみ 小倉喜郎 船団 199902  
孑孑のこころの余所に水のあり 山尾玉藻 火星 199905  
孑孑やをどりつかれし猿田彦 今木偉郎 199907  
樽底の愚痴かも知れずぼうふらは 貝森光大 六花 199911  
孑孑の何れが某で誰がふら 片岡秀樹 海程 199912  
オルガンのひびき孑孑ただよへり 松永典子 船団 199912  
ぼうふらや恋にて非なる似て非なる 塩見恵介 虹の種 200005  
裏藪に孑孑の水ぶちまける 南うみを 風土 200009  
孑孑の磯のよどみに蠢ける 菊地恵子 酸漿 200009  
孑孑のどいつがオリジナルだっけ 片岡秀樹 海程 200011  
孑孒の国の詩文を真似るべく 森谷彰 銀化 200108  
捨て缶にぼうふらだけの境地あり 宇都宮滴水 京鹿子 200108  
孑孑や見返り柳ありし跡 竹内弘子 あを 200109  
ぼうふらや一葉二十四で終へき 竹内弘子 あを 200109  
真夜中の用水桶の孑孑たち 竹内弘子 あを 200109  
孑孑や花立てに水あまりたる 竹内弘子 あを 200109  
孑孑の凹地の水も干上りぬ 竹内弘子 あを 200109  
ぼうふらの浮き沈む水青みどろ 早崎泰江 あを 200109  
ぼうふらの百の眼に百の口 吉弘恭子 あを 200110  
孑孑や九軍神はさみしかろ 相原澄江 海程 200110 三机にて
贋作に跳びついてゐる孑孑よ 中原道夫 銀化 200207  
孑孑の水に月光惜しみなく 深田雅敏 200208  
孑孑や上り下りを日がなして 宮本俊子 雨月 200208  
孑孑に蟻にみみずに目を凝らす 中田尚子 百鳥 200209  
羽根生えてぼうふらすでに飛ぶ構へ 窪満子 雲の峰 200210  
孑孑といふ字がうごきだしにけり 高橋邦夫 風土 200309  
シンクロナイズドめく孑孑の浮き沈み 武司琴子 ぐろっけ 200310  
孑孑のシンプル泳法見飽きずに 白髭美佐子 200312  
デビューしたくない孑孑でありにけり 山元志津香 西の峰 200401  
孑孑の神田生れでありしかな 林裕子 風土 200408  
鍬洗ひ出せば孑孑棒を振る 谷口外穂 200408  
孑孑に撞きそこなひし鐘の音 山尾玉藻 火星 200408  
孑孑の水へ松毬落ちる音 飯塚ゑ子 火星 200409  
孑孑と夕風分つ飛鳥駅 城孝子 火星 200409  
父の日のぼうふらに日の当りをり 戸栗末廣 火星 200409  
人臭き孑孑の水浚ひけり 近藤喜子 200409  
ぼうふらのエアロビクスに日のさせり 加藤君子 火星 200409  
孑孑の水のたちまち乾きけり 長田曄子 火星 200410  
子子の浮くや沈むや訃報来る 淵脇護 河鹿 200411 悼「河」主宰角川照子先生急逝
一人つ子来て孑孑の桶たたく 吉村一郎 百鳥 200411  
孑孑のつつんと伸びて沈みけり 森山暁湖 万象 200511  
驟雨下の鉢のぼうふら右往左往 定梶じょう あをかき 200609  
ぼうふらの育つ山上駅の壺 丸山照子 火星 200610  
ぼうふらの踊り暗号かもしれず 西宮舞 200610  
孑孑の水の上なる榠樝の実 山尾玉藻 火星 200611  
孑孑の羽化せしあとのにごりかな 荒井和昭 200611  
日向水早も孑孑踊りだす 芝尚子 あをかき 200710  
三日見ぬバケツにぼうふら首をふる 高木伸宜 船団 200710  
孑孒は水の重さを出たがって 山元志津香 八千草 200712  
子孒の文字にも巳に刺す構え 真木早苗 八千草 200712  
ぼうふらや口約束は破れがち 芦川まり 八千草 200712  
ぼうふらの叩けば沈み盆の来る 神蔵器 風土 200808  
孑孒を見てゐて親に螫されけり 懸林喜代次 春燈 200809  
孑孑と書けばむづむづ痒くなり 荒木甫 200908  
孑孒の律儀な振りに暮れにけり 浜口高子 火星 200908  
孑孒を覗く論客ばかりなり 戸栗末廣 火星 200909  
孑孒を騒がせ思ひ出せずをり 齋藤厚子 200910  
孑孒やビルの五階のエアロビクス 花岡花子 炎環 200910  
不器用に生きて孑孒浮き沈み 久保田嘉郎 酸漿 200910  
懸命に動く孑孒同じ場所 石川裕美 ぐろっけ 200911  
孑孒に水の明暗生れけり 稲畑汀子 ホトトギス 201006  
水捨てる孑孒のとびはね足掻く 長崎桂子 あを 201008  
孑孑のしなやかなりし浮き沈み 中村洋子 風土 201009  
孑孒の秒針動くたび光る 相澤和子 ろんど 201009  
孑孑やよく気の合つた浮き沈み 岡野イネ子 春燈 201010  
孑孒に水の捩れてしまひけり 市村健夫 馬醉木 201012  
ぼうふらのさかしまに見る浮世かな 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
孑孑を知らぬ子の居て川ほとり 舩越美喜 京鹿子 201107  
孑孑の雀躍を天よしとせり 大畑善昭 201110  
ボウフラの三ミリ七ミリ張り切って あかさか鷹乃 ろんど 201111  
ぼうふらの甚だ以て素顔かな 日下部亞こ ろんど 201207  
孑孒のやうな童ら立泳ぎ 大湾宗弘 万象 201208  
孑孑や腹筋背筋鍛へをり 大川ゆかり 201210  
孑孑の大き頭の沈みゆく 島谷征良 風土 201211  
孑孑に覗かれてゐるこの世かな 米澤光子 火星 201211  
孑孒の未来vs姉の過去 池田澄子 201212  
孑孑の秒針動くたび光る 相澤和子 ろんど 201302  
孑孒に水のいのちの蒸れ始む 布川直幸 201307  
水府流かと孑孒の立泳ぎ 烏居美智子 ろんど 201309  
皆去んで孑孑ぼうふら夕日に跳ねにけり 浜口高子 火星 201309  
地盤沈下して孑 孒の生れにけり 山崎青史 ろんど 201310 気仙沼
孑孑の踊りを流す手の白さ 河崎尚子 火星 201310  
風の輪にひよいとぼうふら踊かな 中島陽華 201311  
孑孑や人にも有りぬ浮き沈み 塩千恵子 201408  
孑孑や無住寺庭の天水に 飯田ひでを 201511  
腰振つてゐる孑孒といふ字かな 後藤比奈夫 ホトトギス 201512  
秋の孑孑るの字るの字に影を曳き 浅田光代 風土 201512  
孑孒の天水桶の浄土かな 大木茂 万象 201607  
孑孒の甕を返して寺領なり 白水良子 201609  
孑孑の八分休符となり沈む 金子正道 京鹿子 201610  
石臼の孑孑の水掬ひけり 升田ヤス子 六花 201610  
孑孑のニクロム線の効聴いて 今井充子 201611  
ぼうふらのゐて舟石の溜り水 瀬島洒望 やぶれ傘 201611  
孑孑の水の退屈なかりけり 横溝和恵 京鹿子 201701  
孑孑の水を投げ捨て寺男 原友子 201612  
孑孑の空へ飛びたつ日の近し 前田美恵子 201709  
孑孑の孑孑といふ動きやう 安居正浩 201709  
孑孑やそそくさと云ふ済ましごと 齋藤厚子 201710  
孑孑の世に出るまでの浮き沈み 青柳雅子 春燈 201710  
孑孑のテツガク跳ねて星踊る 寺田伸一 船団 201802  
孑孑の上下運動早々に 石森理和 あを 201806  
孑孑の海の響きを懐しみ 柳川晋 201809  
ジュラ紀より立ち泳ぎして孑孑は 内山花葉 201901  
孑孒に関はりすぎてよろめきぬ 甲州千草 201907  

 

2019年7月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。