薔薇の芽    100句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
まなかひに原爆ドーム薔薇芽吹く 朝妻力 俳句通信 199904  
たくましき棘にまもられ薔薇芽吹く 下田水心子 円虹 199905  
指先は頭に直結バラ芽立つ 小枝恵美子 ポケット 199911  
薔薇の芽に朝日は色を持たざりし 星野高士 円虹 200005  
薔薇の芽の囁きを訊くゆるき風 市川伊團次 六花 200104  
ばらの芽がああだかうだと赤い息 木戸渥子 京鹿子 200106  
薔薇の芽や雲はあしたへ急ぐなり 山路紀子 風土 200206  
薔薇の芽やアラビア文字の招待状 祐森禰香 遠嶺 200206  
薔薇芽ぐむすでに無数の棟ありて 伊藤敬子 遠嶺 200207  
薔薇古木しぶくごとくに芽吹き出す 西宮舞 200212  
薔薇の芽や自在定規に角つくる 中村洋子 風土 200301  
薔薇の芽や風の訪ふ誕生日 祐森彌香 遠嶺 200306  
ばらは芽に少女の夢はピアニスト 岡淑子 雨月 200306  
薔薇の芽や覇者と成るもの成らぬもの 清水晃子 遠嶺 200306  
青空に雲一つ行く薔薇芽かな 大東由美子 火星 200306  
音楽会へ誘ひの電話薔薇芽吹く 萩谷幸子 雨月 200306  
薔薇の芽や鉄扉の半ば開きをり 北嶋美都里 200307  
薔薇の芽やグリム童話は棘隠し 鳴海清美 六花 200307  
天空はブルーホワイト薔薇芽立つ 白髭美佐子 200307  
薔薇の芽や共に相手の言葉待つ 田村園子 200405  
網かけて薔薇の芽吹きの護らるる 二宮桃代 雨月 200405  
薔薇芽吹く十番館に陶の椅子 小林和子 風土 200405  
行儀良く格子に組まれ薔薇芽吹く 二宮桃代 雨月 200405  
ばらの芽の紅濃に朝の光満つ 岡淑子 雨月 200406  
薔薇芽立つ丘へ船笛迷ひなし 松井淑子 200406  
薔薇芽立つ苑の裸婦像固く立つ 櫻井幹郎 百鳥 200406  
薔薇芽吹き時間給水はじまりぬ 藤田誉子 雨月 200406  
薔薇園や芽吹きの赤もさまざまで 萩谷幸子 雨月 200406  
薔薇の芽のくれなゐ人は人愛し 山田暢子 風土 200406  
薔薇の芽の大事大事と網張らる 藤田誉子 雨月 200406  
日は優し薔薇の芽立ちに裸婦像に 櫻井幹郎 百鳥 200406  
バラの芽のドームの向う麟麟立つ 小田元 六花 200407  
バラの芽のふくらみ雨に濡れてゐる 栢森定男 「風よ」 200407  
薔薇の芽に絡みついたる言葉かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200503  
烈女には掟いくつや薔薇芽ぐむ 山元志津香 八千草 200506  
友ありてこその月日や薔薇芽吹く 市川玲子 春燈 200507  
薔薇芽吹く夕べを澄みて弥撒の鐘 高橋さえ子 200508  
遺書を書く気にはなれずに薔薇芽吹く 原島ふじ子 遠嶺 200508  
心して向かふ試練や薔薇芽立つ 赤池英津子 遠嶺 200605  
薔薇の芽の日毎に紅し産衣縫ふ 清原彰子 河鹿 200605  
平均寿命にまだ間のありて薔薇芽吹く 柴野静 200606  
バラの芽の真実赫し迷ふとき 田原陽子 200606  
薔薇の芽の真紅にかかる雨の昼 岡田麻枝 酸漿 200607  
久女忌や薔薇の冬芽の真くれなゐ 橋添やよひ 風土 200701  
小気味よきまでに剪られて薔薇芽ぐむ 西千代恵 雨月 200705  
ばらの園王妃王女の名に芽吹く 辰巳あした 雨月 200705  
奔放に生きるも一世薔薇芽ぐむ 青山悠 200805  
薔薇の芽を一入色の雨過ぐる 片山タケ子 200806  
いち早くばらの芽吹きし庭にあり 名取すみ子 酸漿 200806  
薔薇の芽の色を育ててゐる日差 稲畑廣太郎 ホトトギス 200903  
薔薇の芽の移りゆく影偉人の碑 小嶋泰家 炎環 200904  
薔薇の芽や新生活の白き家具 壬生きりん 炎環 200905  
薔薇の芽やきりきりと子が髪を結ふ 辻直美 200905  
薔薇の芽のすでに光は紅に 安居正浩 200905  
病む人の午後はものうし薔薇芽ぐむ 浅野洋子 春燈 200905  
薔薇芽吹く大きな刺を侍らせて 松嶋一洋 201006  
たまはりし薔薇の挿し木に芽吹あり 青木陽子 酸漿 201007  
薔薇芽吹く怠惰な刻のあるもよし 布川直幸 201103  
三ヶ月臥して居る間に薔薇芽吹き 伊藤公女 ぐろっけ 201105  
いただきし恩の幾百うばらの芽 荒井千佐代 201106  
棒のごと立つバラの枝新芽吹き 堀口香代子 ぐろっけ 201107  
薔薇の芽の真紅こぞれり司祭館 高瀬史 馬醉木 201109  
薔薇の芽や白雲の影動かざる 村上絢子 馬醉木 201205  
薔薇の芽の赤きに心惑ひけり 鈴木阿久 201206  
薔薇の芽の華やぎ秘める路地の黙 和田政子 201206  
バラの芽やきょうは強気な作田くん 火箱ひろ 船団 201212  
薔薇の芽にぷつくり光る雨の玉 布川直幸 201303  
小気味よき媼の啖呵薔薇の芽 上山永晃 鶴翼 201305  
薔薇の芽の無傷かがよふ野辺送り 河村啓花 ろんど 201306  
つるばらの伸びはうだいの冬芽かな 大坪景章 万象 201404  
赤々と薔薇の芽育つ雨上り 須賀敏子 あを 201405  
薔薇の芽や文学館の石の裸婦 松本三千夫 末黒野 201405  
薔薇の芽や胸の奥処の炎立つ 後藤眞由美 春燈 201405  
薔薇園のばらの芽吹きに囲まるる 川村文英 ろんど 201406  
薔薇の芽や已に人刺す棘持ちて 松本三千夫 末黒野 201406  
薔薇の芽や雨の雫に紅ほのか 石川倜子 馬醉木 201406  
薔薇の芽はや王女の気品そなへをり 神田恵琳 春燈 201406  
生きるとは前進志向ばら芽吹く 樋口英子 201501  
薔薇の芽の棘の勢に割り込みぬ 湯川雅 ホトトギス 201506  
つるばらの芽吹きの門をくぐりけり 久世孝雄 やぶれ傘 201506  
薔薇の芽や園入り口にキユーピッド 塩田杉郎 風土 201506  
薔薇の芽のやんちや盛りの狭庭かな 辻美奈子 201507  
バラの芽を二寸伸ばして雨上る 中西明子 京鹿子 201507  
緩やかに癒ゆる兆しや薔薇芽ぐむ 間宮あや子 馬醉木 201604  
一徹の薔薇の芽に苑動きそむ 浅井青二 雨月 201606  
薔薇の芽の雨にほぐるる植木市 武生喜玖乃 雨月 201606  
抓むだけなら薔薇の芽も許しさう 高橋将夫 蜷の道 201703  
薔薇の芽や明治を醸す山手館 菅野日出子 末黒野 201706  
薔薇の芽や少年シャンソン練習中 鎌田光恵 201707  
祝婚や日に並び立ついばらの芽 小林愛子 万象 201708  
恋心ほどに薔薇の芽綻びぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
薔薇の芽の百万本が君を待つ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201803  
ふくらみくる冬芽や我も変はらねば 近藤喜子 201804  
やはらかく芳しき宙木の芽風 長崎桂子 あを 201804  
地に描く影のつばらに薔薇芽吹く 千手和子 馬醉木 201805  
若みどりやはらかな昼木の芽張る 長崎桂子 あを 201805  
寄せつけぬ程の刺なり薔薇芽吹く 廣畑育子 六花 201806  
軽やかにもの噛む音や薔薇芽吹く 笹村恵美子 201806  
ばら芽ぐむ齢十九の兵の墓 梅田武 末黒野 201806  
くれなゐの薔薇の新芽や君逝けり 今井康子 201808  

 

2019年2月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。