晩 菊     19句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
晩菊や女手に打つ釘一本 武久昭子 風土 199901  
晩菊やさりげなくして光る芸 能村登四郎 芒種 199911  
細筆に描く晩菊の弁多し 梁瀬照恵 ぐろっけ 200201  
晩菊や井戸のポンプの軽き音 三村禮子 酸漿 200202  
晩菊の一むら残る畑の隅 石原静子 酸漿 200203  
晩菊に心富むまで黙りをり 中村堯子 銀化 200212  
八瀬響み晩菊の影ふえにけり 宇都宮滴水 京鹿子 200312  
晩菊に虻の来てをり雨催ひ 藤田悦子 対岸 200402  
晩菊の畑の縁に華やげり 金川眞里子 百鳥 200402  
晩菊や今に恋しき父の膝 窪田粧子 馬醉木 200501  
晩菊や父の小言の切れさえず 松田有伽 河鹿 200601  
晩菊や整骨院の窓耿耿 芦川まり 八千草 200605  
晩菊やとぎれとぎれの昔歌 岩淵彰 遠嶺 200802  
晩菊や人の背を見て水を見て 井上信子 201101  
晩菊や小鉢二つに迷ひ箸 布川直幸 201110  
晩菊や砂丘の雨の細やかに 石川倜子 馬醉木 201601  
晩菊に富士澄む日和続きけり 千手和子 馬醉木 201602  
晩菊や木偶人形は地を踏まず 千田百里 201611  
晩菊や学徒出陣七十余年 鈴木としお 春燈 202001  

 

2020年10月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。