41句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
しばらくは鷭鳴くを聞き猪ケ池 沢崎ゆきえ 春耕 199907  
鷭の巣に濁り滾るや千曲川 小林碧郎 馬醉木 199908  
鷭の子に蓮田の雨の荒々し 丸田余志子 馬醉木 200010  
にはとりのさまに歩ける鷭赤し 黒田咲子 200207  
池をゆく鷭に衆目集まれり 熊谷かよ子 200210  
営巣を鷭が始めし風車村 岡田房子 酸漿 200306  
大鷭の額の清し北風の中 浅野恵美子 酸漿 200404  
小尻振り親の仕草を鷭の子も 平子公一 馬醉木 200408  
鷭の子となにを語れる鯉の口 西山美枝子 酸漿 200410  
繁る藻を乙字に割りて鷭寄り来 松浦途子 ぐろっけ 200412  
鷭の子の中洲の葦をついばめり 江見悦子 万象 200507  
鷭の親さあ移動ぞと岩に立つ 東亜未 あを 200509  
雨意の風鷭の巣作り余念なき 足立典子 雨月 200510  
一声の鋭し鷭の紅き嘴 赤座典子 あを 200605  
川が海に変る大橋鷭くぐる 影島智子 200608  
睡蓮の浮巣に覗く鷭の雛 竹内志げ子 酸漿 200608  
鷭一羽水輪となつてしまひけり 川口襄 遠嶺 200609  
鷭の子の取つ一てつけたるやうな足 吉田明子 200701  
巣より鷭啼きて吾が子を引き戻す 坂上香菜 200805  
鷭巣立つ有明の波掻いくぐり 益本三知子 馬醉木 200808  
鷭の子のよろけついでに浮みけり 吉田明子 200809  
塔望む子連れの鷭の漁りけり 北村淳子 ろんど 200909  
雨止まず池の水際を鷭歩み 小川玉泉 末黒野 200910  
鷭の子の浮き葉の下に潜りけり 有賀昌子 やぶれ傘 200910  
浮草の中の塒や鷭鳴けり 関根喜美 200910  
二羽の鷭角組む蘆をせせりたり 赤堀洋子 万象 201007  
子の五羽と親ゐて鷭の一家たり 横山昭子 雨月 201010  
鳰浮巣鷭の浮巣と訪ひにけり 横山昭子 雨月 201010  
塔望む子連れの鷭の漁りけり 北村淳子 ろんど 201101  
泥沼を駆けぬくる鷭冬めけり 広瀬俊雄 万象 201102  
サンモリッツの湖畔に届く鷭の声 田中きよ子 酸漿 201103  
古蘆や出入りの鷭の艶やかに 浅野恵美子 酸漿 201106  
鷭の子の細首しゃんと力あり 岸本久栄 雨月 201211  
吾を見て鷭の笑ひや昼中州 小澤菜美 201409  
鷭の巣に水は砦として脆し 湯川雅 ホトトギス 201410  
鷭の足くすぐつてゐる鯉の口 後藤眞由美 春燈 201412  
鷭鳴いて筆を休める画布の人 西本才子 万象 201508  
鷭鳴いて沼もいよいよ梅雨深む 内海良太 万象 201509  
鷭鳴けり湖の上げたる月赤く 西村梛子 馬醉木 201709  
鷭の子の水掻く巣屑つけたまま 大橋松枝 201807  
立春の鷭がさかんに潜りけり 西野桂子 201905  

 

2019年8月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。