瀑 布      37句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
湖より湖に落ち瀑布なす 塩出眞一 ぐろっけ 200008  
岩燕瀑布の響かいくぐり 島田万紀子 馬醉木 200009  
満天の星の降つてる瀑布かな 市川英一 遠嶺 200010  
神鏡のうしろ激しき瀑布かな 石田阿畏子 馬醉木 200308  
大瀑布どこから見てもしぶき浴ぶ 河井富美子 ぐろっけ 200308  
人声のかき消されたり大瀑布 河井富美子 ぐろっけ 200308  
黒あげは瀑布の風を乗りこなす 武田和代 百鳥 200409  
瀑布もて神山いよよ極みたり 岩月優美子 200410  
真向かへば声の上ずる大瀑布 渡辺隆 遠嶺 200412  
雲の中より大瀑布とどろけり 山田景司 遠嶺 200412  
大瀑布世界遺産は人の波 須賀敏子 あを 200509  
洗心のしばし佇む大瀑布 大森慶子 母衣 200602  
面積となりて瀑布となりて落つ 蔦三郎 ホトトギス 200609  
雨は降ることを瀑布は落つことを 蔦三郎 ホトトギス 200609  
大瀑布あらゆる音を吸い込みぬ 福島松子 ぐろっけ 200610  
一瀑布涸れて一町ひそとせる 浅井青二 雨月 200704  
大瀑布人間の声奪ひけり 小林成子 200708  
大瀑布あつめて霧の乙女号 小林成子 200708  
下闇を突きぬけ落つる瀑布かな 山田六甲 六花 200708  
大瀑布奈落の音の迫り来ぬ 小林成子 200708 ナイヤガラ
名にし負ふ飛騨の瀑布をながめをり 井上幸子 酸漿 200710  
真つ直ぐに胸にとびこむ瀑布かな 阿部昭子 遠嶺 200711  
この星を動かしてゐる瀑布かな 長谷英夫 馬醉木 200809  
大瀑布しぶきの中を群鴎 大西まりゑ 酸漿 201104  
ナイヤガラ瀑布は虹を生みつづけ 木村茂登子 あを 201108  
大瀑布万象しぶく蒸気船 古田考鵬 雨月 201210  
樹々の風取り込み瀑布蒼きかな 小倉正穂 末黒野 201310  
瀑布くぐる櫂持つ男子輝きて 橋本靖子 201311  
炎昼や瀑布に勝る黒部ダム 橋本修平 かさね 201311  
ばらばらにからだ砕けるまで瀑布 山口ひろよ 201402  
昨夜雨の瀑布となりて落ちにけり 金森信子 雨月 201408  
瀑布背に山伏問答滝開 村上美智子 雨月 201410  
腰どんと据ゑて眺むる大瀑布 佐瀬晶子 ろんど 201410  
大瀑布裏より仰ぐ斜陽かな 長谷英夫 馬醉木 201609  
鍵穴の向かう瀑布の遊行人 鈴鹿呂仁 京鹿子 201706  
一枚の透明にして瀑布なる 沼田巴字 京鹿子 201706  
両手足ぐんと真向かふ大瀑布 青木朋子 201902  

 

2020年7月19日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。