畦 火     40句

 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
打ちのめし踏みにじりせる畦火守 笠原ひろむ 199805
丸太橋焦がさずにすぐ畦火かな 笠原ひろむ 199805
大和には友の多かる畦火かな 山尾玉藻 火星 199903
方寸に飛ぶや畦火の一頻り 武田菜美 銀化 200107
風下に夫の陣取る畦火かな 佐藤景心 200108
消えさうな畦火に窯場点りけり 岩瀬良子 円虹 200205
畦火繰る魔法のやうな棒を持ち 代田青鳥 風土 200205
曇り日の畦火躓くばかりかな 岩瀬良子 円虹 200205
風を得て畦火いのちのあるごとく 武井美代子 風土 200206
後戻りできぬ畦火の叩かれし 藤田さち子 対岸 200404
きはやかに畦火を制しせらぎぬ 朝妻力 雲の峰 200404
衣川ねずみ走りに畦火あぐ 神蔵器 風土 200404
一筋の飛び火ゆるさぬ畦火かな 鷹羽狩行 200504
こまやかに畦火そだてる漢かな 高木一 200506
夕焼雲さめて残りし畦火かな 平山勝子 河鹿 200506
後ずさる農夫畦火の手を引いて 上野進 春燈 200604
畦火燃え柩はいつも新しき 迫田白庭子 百鳥 200605
陵を守る畦火の夜となりぬ 大山文子 火星 200605
人影の飛び交ひ育つ夕畦火 関根初男 馬醉木 200608
畦火のごとくありたし生の終着は 八田木枯 晩紅 200706
燃えのころ畦火に寄りてあたたまる 瀧春一 200706
草丈と息合ひて立つ畦火かな 布川直幸 200805
業平の寺へ走れる畦火かな 浅田光代 風土 200806
墓山へ鬩ぐ丹波(たにわ)の畦火かな 大竹淑子 風土 200806
単車より降りて畦火を追ひかける 辻美奈子 201004
日のちから籍りて畦火の活気づく 佐藤山人 201005
段畑の畦火見守る父子かな 片岡久美子 201105
みちのくや畦火明かりの翁道 山田春生 万象 201105
かぎの手に細め火通す畦火かな 能村研三 201303
海風にふたたび熾る畦火かな 安立公彦 春燈 201305
遠畦火のろしの如き石舞台 水野節子 雨月 201306
畦火よりをとこ煙草を咥へ出づ 山口ひろよ 201406
曼珠沙華畦火となりてゐたりけり 内海良太 万象 201412
田の神の御前畦火素通りす 白神知恵子 女坂 201508
野放しのままに燃え尽く畦火かな 佐津のぼる 六花 201706
いにしへの音ぞ飛鳥の畦火立つ 鈴木幾久 馬醉木 201905
煙にむせ一人の幅の畦火追ふ 岡澤田鶴 201910
田の鼓動畦火の強き辺りより 良知悦郎 202007
やはらかき畦火となりて子が叩く 山田健太 風土 202105
かぎの手に細め火通す畦火かな 能村研三 神鵜 202107

 

2022年3月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。