92句

万葉の薩摩の瀬戸や鮑採り    篠原雲彦

作品
作者
掲載誌
掲載年月
鮑桶海女のたつきの何もかも 鈴鹿野風呂 京鹿子 199810
をしげなく海女の呉たる焼鮑 鈴鹿野風呂 京鹿子 199810
鮑桶すがり憩ひに傾ける 鈴鹿野風呂 京鹿子 199810
おごそかに神饌の鮑の塩噴けり 皆川盤水 春耕 199906
磯なげきかたみに鮑海女浮沈 安陪青人 雨月 199907
まん中に鮑の坐る夏料理 大川泉舟 199911
海開御饌の鮑の潮吹けり 岡村紀洋 ホトトギス 199911
浮かび出て濡れ身かがやく鮑海女 山田弘子 円虹 200007
鮑採る男結びの命綱 中村翠湖 馬醉木 200009
手秤を信じて海女の鮑買ふ 長谷川杜人 200009
鮑焼く火を船の辺に熾しをり 杉浦典子 火星 200010
水底の孤独ひらひら鮑取る 青木直子 200010
山の湯やわたくし的に鮑となる 上原祥子 海程 200010
談笑のはじめ鮑のオードヴル 平田倫子 百鳥 200108
恋の句にけり付けにゆく鮑かな 利根川博 銀化 200111
八十歳と笑うて秋の鮑採る 北吉裕子 雲の峰 200112
丸出しの志摩の訛や鮑海女 小山香月 酸漿 200206
俎板の鮑しつかりへばり付く 間瀬淑子 春耕 200208
鮑干す媼ひとりの浦曲かな 吉田王里 風土 200208
アワビ・サザエ捕獲自粛と告知板 土田祈久男 200210
月の寺屋根に魔除けの鮑貝 杉山やす子 200212
海神の社に献ず蒸鮑 福盛悦子 雨月 200301
寡黙なる鮑と化して暮らす日々 藤井忠 円虹 200305
糶待ちの鮑反り身にフラメンコ 野口喜久子 ぐろっけ 200306
伊勢湾の夕日の届く鮑小屋 本郷桂子 円虹 200307
鮫除けの護符を磯着に鮑海女 松原安治 遠嶺 200310
潜かんと空へ身反らす鮑海女 柴崎英子 200312
わが知恵のごとく鮑の肝苦し 松本圭司 200405
波せまる離れ座敷や鮑膳 中村翠湖 馬醉木 200407
この胸のボタンとなりし鮑かな 加藤みき 200408
つむじ風吹き抜けて行く大鮑 中島陽華 200408
鮑取小屋に火を入れ憩ひをり 村山みよ 築港 200409
鮑の目どこにあるのか半夏雨 岩瀬満里子 草の花 200409
魚市場喚声揚がる大鮑 村山みよ 築港 200409
御饌鮑採るべう海女は荒海に 味村志津子 雨月 200410
御饌鮑仕留めし海女の七十路と 味村志津子 雨月 200410
三潜海女見事な黒の大鮑 室伏みどり 雨月 200410
大岩にあがる白波熨斗鮑 加藤みき 200503
拝殿の鮑大振り磯開 矢澤壽美 200504
鮑海女岩陰を出てかがやけり 大串章 百鳥 200507
鮑漁足は万歳して沈み 荻沼嘉枝 対岸 200508
流れ にいくつの穴や朝日さす 雨村敏子 200605
鮑海女笑まひ交して連れ沈む 博多永楽 雨月 200606
鮑剥くを島の漁師に教はりぬ 杉谷文江 200607
母の日の膳に鮑と鰻かな 石田砧女 200607
あごあなごあわびの順に売れにけり 高橋将夫 200608
火伏せとて鮑の殻を葦葺に 中島節子 春燈 200609
蔦紅葉岩のあわひに溢れ出づ 山田六甲 六甲 200612
流れ鮑を煮立てし灰汁や九鬼の海 延広禎一 200706
島を去る朝の晴れたり鮑粥 田原陽子 200707
御酒供へ鮑糶場を浄めけり 木下玉葉子 酸漿 200709
浜焼きの二個千円の大鮑 高橋峰村 200710
宇和の海の香りを纏ふ鮑着く 門田陽子 200710
凩や鮑の穴のままでゐる 栗栖恵通子 200802
留萌より生ける鮑の届きけり 山田六甲 六花 200805
あつぱれな青空鮑漁解禁 山崎祐子 万象 200808
ゴッホの耳芳一の耳鮑食む 中田禎子 200808
鮑漁待ちたる磯の番屋かな 坂上香菜 200811
桶暗の中や鮑のこゑ絞る 小澤克己 遠嶺 200908
鮑つついて縮ませて去りにけり 服部早苗 200909
鮑海女見にゆく小舟仕立てけり 水谷芳子 雨月 200910
流れ鮑の瀬戸の渡りや放哉忌 延広禎一 201007
鮑食ぶ寄る舟べりの音さみし 山本耀子 火星 201007
美し国伊勢のポスター鮑海女 長崎桂子 あを 201008
固執とは岩に張り付く鮑なり 高橋将夫 201107
金箔をのせて鮑の踊りかな 雨村敏子 201110
生簀より外し鮑の糶られゆく 四方由紀子 風土 201111
鮑海女見えて沈んで夫婦舟 平野みち代 201112
流れ鮑や磯の小花に朱唇ある 延広禎一 201204
鮑海女競ひ潜りの隠岐日和 和田照海 京鹿子 201206
鮑切るガレのガラスの色に切る 細野恵久 ぐろっけ 201207
熨斗鮑沢瀉咲ける日和かな 延広禎一 201208
岸辺行く虚実のあわひ雪螢 北川孝子 京鹿子 201306
黒鮑揚げて叫びぬととらくと 大坪景章 万象 201310
熨斗鮑礁に跳る白波よ 加藤みき 201401
食積の隅の鮑の水晶煮 鳥居美智子 ろんど 201405
食膳の鮑の器春立つ日 森清堯 末黒野 201406
したたかに岩礁を突く鮑取 福島せいぎ 万象 201410
島の母校へ返す磯笛鮑海女 和田照海 京鹿子 201411
歯当りの良き感触のあわび切る 中江月鈴子 201502
水槽にあをく吸ひ付く鮑かな 天野美登里 やぶれ傘 201508
岩礁に祠祀りて鮑海女 室伏みどり 雨月 201508
浮かび来し海女かき抱く鮑かな 吉田葎 201607
岩を突くあれが鮑といはれても 福島せいぎ 万象 201608
乗り合す岬のバスに鮑海女 室伏みどり 雨月 201608
ふんだんに伊勢の鮑を志摩泊り 野村重子 末黒野 201611
よき地合鮑の唇の動きをる 中島陽華 201708
売れさうな話に縮む鮑かな 松本幸子 馬醉木 201807
踊りたる鮑二つや伊豆泊り 梅田武 末黒野 201808
招客のひとりや宵の海老鮑 田中臥石 末黒野 201810
掌の中で海の気を吐く鮑かな 工藤はる子 201904
火の上で海を抱きたき黒鮑 三木亨 202107

 

2022年5月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。