朝茶の湯     12句

花籠を垂るる朝顔朝茶の湯    富安風生

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
朝茶事に夜叉五倍子染めの夏衣 岡本明子 ぐろっけ 200308  
朝茶事や葭戸に並ぶ人影絵 東亜未 あを 200509  
朝茶事のおろしたてなる奈良晒 飯田はるみ 築港 200509  
朝茶事や飛泉雅琴の墨の擦れ 東亜未 あを 200509  
朝茶の湯ほかの招きをひかへゐて 島崎勇作 酸漿 200611  
白無垢の木槿は床に朝茶の湯 馬越幸子 ぐろっけ 200712  
安らぎの珈琲よりも朝茶かな 馬場宏一 春燈 200808  
水無月の朝茶ことさら渋く汲む 風間史子 201110  
玉砂利を静かに踏みて朝茶の湯 三橋早苗 ぐろっけ 201210  
鶯のひと声のみの朝茶かな 武藤嘉子 201303  
吉祥の絵襖の囲や朝茶の湯 長谷英夫 馬醉木 201704  
鶯の声近くして朝茶かな 門伝史会 風土 201808  

 

2020年7月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。