アマリリス   138句

アマリリス遠い異国の酒ビンに    村田静枝

作品
作者
掲載誌
掲載年月
アーウィヤー音の訓練アマリリス 近藤熹治 船団 199811
アマリリスほどの自信のあらまほし 吉村玲子 円虹 199908
アンコールビオラが奏でアマリリス 島崎晃 遠嶺 199909
アマリリスアマリリス呪文のように 村井秋 海程 199910
訣れきて花アマリリス赤すぎる 田中藤穂 水瓶座 200002
まひるまにはかり傾くアマリリス 三宅やよい 玩具帳 200004
アマリリス開く来訪者のやうに 山田弘子 円虹 200010
アマリリスしあわせすぐてふしあわせ ゆにえす 船団 200102
アマリリス一過性なる拒食症 中野哲子 六花 200107
アマリリスと足場囲ひの家にゐる 杉浦典子 火星 200108
アマリリス町に二軒の美容院 前阪洋子 俳句通信 200108
アマリリス髪の形を直し合ひ 上野澄江 百鳥 200109
すんなりと立たされているアマリリス 松山順子 船団 200202
金婚の今朝満開のアマリリス 名取袿子 200206
窓に置く景に紛るるアマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 200206
何も彼も語りたき日のアマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 200206
質問を受けて立つべしアマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 200206
アマリリス背向き合ひつつ火と燃ゆる 関口ゆき あを 200207
君が居て心は赤しアマリリス 松田克行 帆船 200208
玄関に大きな笑顔アマリリス 中島真沙 円虹 200208
アマリリスの咲く庭広し伎楽面 谷村幸子 200209
長命の美女棲む庭のアマリリス 横山迪子 六花 200209
アマリリス芽の伸びぐあい日毎見る 山下悦子 酸漿 200306
アマリリス一気呵成に咲こうかな 中野哲子 六花 200308
アマリリス奢りの花と思はねど 東野鈴子 雨月 200308
機嫌よき嬰の喃語やアマリリス 川端和子 遠嶺 200309
月光のソナタを弾く子アマリリス 津田いちえ 遠嶺 200309
一年の半ばの日なりアマリリス 和田悟朗 円虹 200309
思ふたび笑みのこぼるるアマリリス 小林恵子 遠嶺 200310
地酒その名良寛と言ふアマリリス 堀内一郎 あを 200407
再会の約束アマリリス咲く頃 玉川梨恵 200408
年毎に増して華やぐアマリリス 白崎一子 築港 200408
アマリリスらりらりらりら芋けんぴ 雨村敏子 200409
咲き揃ふも背中合せのアマリリス 紺野とも子 200409
アマリリス自伝のごとき便りきて 高倉恵美子 200410
三方に呼びかけてゐるアマリリス あさなが捷 200411
テレパシー出し過ぎてゐるアマリリス 山元志津香 八千草 200412
アマリリス束ねて立ててクリスマス 須佐薫子 帆船 200502
アマリリス新車の夫を迎へけり 松山直美 火星 200508
アマリリス色物減らす旅用意 荒木甫 200509
アマリリス食べられさそうな蘂伸ばす 戸田和子 200510
ベランダにアマリリス濱発行所 宮津昭彦 200607
アマリリス陽気に十字架を背負う 藤澤希宗子 ぐろっけ 200607
アマリリス呪縛がとけてゆきにけり 高橋将夫 200608
アマリリス園児の列はすぐ歪む 青山悠 200608
菩提寺や石の露盤とアマリリス 谷村幸子 200609
思ひ出し笑ひの行方アマリリス 倉持梨恵 200609
草案の変転したりアマリリス 吉田明子 200609
アマリリス提げて重たき花なりし 柳生千枝子 火星 200611
嬰児のまなざしのありアマリリス 丹羽敦子 酸漿 200611
結論はノーと出るかもアマリリス 桑原泰子 八千草 200612
いきなりの花に添はぬ葉アマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 200706
向きむきの何れ正面アマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 200706
アマリリス四方に向くも素つ気なし 石田嘉江 200707
降り立ちし図書館前やアマリリス 戸谷たみ子 酸漿 200707
シャンデリアのどこも正面アマリリス 小嶋洋子 200709
夕焼けつつ雲崩れゆくアマリリス 岡本眸 200709
アマリリス咲き金輪際しずかな家 小形さとる 200711
アマリリス首位を譲らぬ紅一点 宮崎裕子 春燈 200802
アマリリス夫が餌付けの迷ひ鳩 府川房江 母の空 200808
相生橋波くぐりゆくアマリリス 阿部ひろし 酸漿 200809
音の出る花ありとせばアマリリス 吉岡一三 200812
アマリリス島の漢のやさしかり 石寒太 炎環 200907
時刻むごとアマリリスふくらみつ 中緒和子 酸漿 200907
大き花我おどろかすアマリリス 中緒和子 酸漿 200907
アマリリス母の泣き場所引き受くる 五十嵐紀子 200910
アマリリス大きすぎるとぼやく夫 KOKIA 六花 200910
アマリリス従姉妹に一人器量良し 近藤倫子 ぐろっけ 200910
帰国せし主に開けりアマリリス 竹内悦子 201007
アマリリス少女の夢のピアニスト 内田和子 酸漿 201008
人許す心の欲しやアマリリス 宮井知英 201010
アマリリス女が煙草くれといふ 池田華甲 201010
アマリリス紅の中にも白少し 武智恭子 ぐろっけ 201010
アマリリス上々吉の報せ来て 西山浅彦 春燈 201108
美容師と鏡中会話アマリリス 千田百里 201108
向き向きに聴き耳立ててアマリリス 中村ふく子 201109
アマリリス朝日が蕊にすべり込み 佐野ときは 201109
背伸びして自己主張の子アマリリス 和賀俊子 ぐろっけ 201109
アマリリス老いは悲しきことならず コ田千鶴子 花の翼 201111
あの鉦を鳴らすのは誰アマリリス 落合晃 201208
太陽を掲げて開花アマリリス 落合晃 201208
バッハG線玄関先のアマリリス 十川たかし 201208
沖よりの雨の近づくアマリリス 荒井千佐代 201208
アマリリス印象派はマチスが好き 杉本薬王子 風土 201208
背きても心かよはすアマリリス 卜部黎子 春燈 201208
日蝕用めがね真つ暗アマリリス 杉浦典子 火星 201208
玄関へ二段の階段アマリリス 天野美登里 やぶれ傘 201209
二階から抱へくるなりアマリリス 服部早苗 201209
雨音の強まる夜半のアマリリス 江見悦子 朴の青空 201307
渾身の深紅を咲かせアマリリス 和田郁子 201307
聞き流す内緒話よアマリリス 中村ふく子 201307
アマリリス予報通りに雨となる 杉浦典子 火星 201309
友を訪ふ花四つもつアマリリス 佐藤玲華 ろんど 201310
生徒待つ音楽室のアマリリス 平居澪子 六花 201310
アマリリス思案ばかりを叱らるる 奥井あき 201311
アマリリス久方ぶりに絵筆とる 西垣順子 201407
アマリリス風が帽子を飛ばす午後 安藤久美子 やぶれ傘 201408
アマリリス誉めて漢の入院す 紅谷芙美江 万象 201409
アマリリス大門少し開けてあり 林範昭 火星 201409
三味線の撥の切れ味アマリリス 伊藤訓子 ろんど 201410
定まりし高さや室のアマリリス 江見悦子 万象 201506
暫くは私の天下アマリリス 寺田すず江 明日葉 201505
病む人に励まされをりアマリリス 西村操 雨月 201509
忘るるを恐れぬ母やアマリリス あさなが捷 201605
一文を草し終へたるアマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 201606
アマリリス今日は二つの会に出る 稲畑汀子 ホトトギス 201606
書斎には大きすぎたるアマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 201606
今日もまた電話ですますアマリリス 稲畑汀子 ホトトギス 201606
人を呑むやうな色なるアマリリス 荒井和昭 201608
たわわなる乳房をもちてアマリリス 大日向幸江 あを 201608
山羊ひげの音楽教師アマリリス 柳橋繁子 201609
悪筆は恋のはじまりアマリリス 村田あを衣 京鹿子 201701
アマリリスホントハヒトリガスキナンダ 赤坂恒子 船団 201701
叱られる資格まっすぐアマリリス 中原幸子 船団 201702
理科教師咲かすまつ赤なアマリリス 三好かほる 万象 201708
日のさせば発火しさうなアマリリス 森なほ子 あを 201708
雨足の見える明るさアマリリス 高橋将夫 201709
アマリリス咲くや日ざしの翳るほど 宇都宮敦子 201710
アマリリス話せば遠くなる人よ 津田このみ 船団 201802
アマリリス純白の花凛として 石原節子 春燈 201808
アマリリスザ行にころぶ放送部 井上菜摘子 京鹿子 201809
近況など彼岸へ届けアマリリス 中上馥子 春燈 201809
アマリリス長き石段見あげをり 鈴木愛子 201908
出入りなき昼の教会アマリリス 菅谷たけし 201908
清純といふ妖しさのアマリリス 高橋将夫 201909
アマリリスどんと構へて女の座 久保夢女 201909
パティシエてふ少女の夢やアマリリス 三好康子 風土 201909
アマリリスきつぱり咲きし朝かな 志方章子 六花 201910
三代目で廃業となるアマリリス 仁上博恵 201912
アマリリストングで分けるスパゲッティ 青谷小枝 やぶれ傘 202007
成田屋の見得無辺なりアマリリス 小林文良 春燈 202008
マスクしてマスクの街のアマリリス 竹村淳 202009
アマリリス咲いたり弾む友の声 須賀敏子 あを 202009
アマリリス夜景ばかりの写真集 本郷公子 京鹿子 202010
アマリリス大きため息つきにけり 岡村尚子 202010
アマリリス小暗き庭を照らしけり 谷口摩耶 202108
忘れ物とりにアマリリスが真つ赤 辻美奈子 202108
背伸びしておさげの少女アマリリス 石橋みどり 202108
アマリリスもつと不敵に大胆に 久保夢女 202109
オクターブ届かぬ指やアマリリス 住田千代子 六花 202110

 

2022年6月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。