秋 鯖     49句

秋鯖の切身ひと皿喪の景色     田沼文雄

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
ひろしやびふひろしやびふ秋鯖の海 岡井省二 199910  
秋鯖の汐目の藍を曳いてくる 伊藤希眸 京鹿子 200001  
指さすは秋鯖うまき佐賀の関 星加克己 ぐろっけ 200002  
秋鯖の大名おろしひと息に 陣野今日子 風土 200012  
秋鯖を選る巡業の力士かな 松宮幹彦 俳句通信 200012  
朝市の秋鯖ぴんと襟ただす 辻村拓夫 船団 200103  
秋鯖や碗に飯つぶひつついて 山田六甲 六花 200111  
音させて塩打つてをり秋の鯖 戸田春月 火星 200111  
ふるさとの秋鯖語る女将かな 吉田汀史 200112  
秋鯖や節酒の誓ひ忘れさう 大橋克巳 雲の峰 200211  
束釣りの父の秋鯖五十匹 渡辺美知子 200212  
秋鯖の夫の無手勝流味噌煮 二瓶洋子 六花 200301  
秋鯖の匂ひ湯舟に持ち込みぬ 志方章子 六花 200301  
饒舌に秋鯖さばく行商女 三宅昌子 ぐろっけ 200301  
秋鯖に塩ふり年寄る女たち 坂田和嘉子 京鹿子 200302  
丸太ン棒の如き秋鯖捌きけり 阪口美枝子 雨月 200311  
秋鯖や塩一振りの匙加減 鏡山千恵子 帆船 200312  
秋鯖を味噌煮で囲む夕べかな 井出清峯 百鳥 200401  
砕氷のざくざく秋鯖を隠す 岡崎桂子 対岸 200401  
秋鯖の味噌煮仕立は母の味 藤井美代子 帆船 200412  
秋鯖を料理自慢の眼が選れる 岡谷栄子 200501  
秋鯖や関の一字を顧みる 田上昭夫 四葩 200512  
秋鯖の焼串竹のいろ残る 安達実生子 馬醉木 200601  
溶岩港秋鯖積みて船出づる 早水秀久 河鹿 200601  
秋鯖の若狭に一夜泊りけり 坂上香菜 200701  
秋鯖を捌く壮年眉濃ゆく 田原陽子 200701  
秋鯖の乗り具合よき脂かな 馬場宏一 春燈 200712  
秋鯖や丹後なまりの抜けきらず 芝山喜久子 馬醉木 200901  
秋鯖の身離れ鳥の親ばなれ 吉田明子 200901  
秋鯖と生姜の匂ふ厨かな 橋本美代 やぶれ傘 200901  
秋鯖の酢〆そのまま海の色 隅田享子 200902  
秋鯖を伊万里の皿に母好み 奈佐幸子 201001  
秋鯖や時彦の句を口遊み 根橋宏次 やぶれ傘 201001  
秋鯖の鮨届けられ木偶桟敷 塩路隆子 201012  
身に良きと聞きし秋鯖海の蒼 小澤菜美 201012  
秋鯖のいろを信じて買ひにけり 柴田志津子 201210  
秋鯖の背に黒潮の匂ひけり 小池清司 かさね 201212  
秋鯖の青き光を筒切りす 平田恵美子 ぐろっけ 201212  
秋鯖にまだ見ぬカスピ海の色 石倉千賀子 ろんど 201212  
秋鯖の潮犇々と舫ひ綱 西田美ち ろんど 201301  
秋鯖を一塩にする片襷 小池清司 かさね 201311  
秋鯖の門波に育つ紋を背に 塩見英子 雨月 201401  
秋鯖の焼き塩加減布目皿 黒澤登美枝 201512  
船生簀底の底まで秋鯖よ 武田巨子 春燈 201601  
ひとにらみして秋鯖を求めけり 久保夢女 201701  
秋鯖を食はせる嫁もなかりけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201709  
秋鯖のよき酢加減や越の酒 斉藤マキ子 末黒野 201712  
秋鯖のすしの料理はお手のもの 東秋茄子 京鹿子 201801  
魚屋が筆でさらさら「秋鯖」と 柴崎和男 やぶれ傘 201902  

 

2019年10月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。