秋惜む 4   67句

秋惜しむワインの卓へヴァイオリン   内田真人

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
晴れの国てふ秋惜む空のあり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611  
晴れてゆく仔細に吉備の秋惜む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611  
秋惜む旅は長距離運転で 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611  
秋惜む形に咲かせ路地の奥 稲畑廣太郎 ホトトギス 201611  
幾曲りしたる山路の秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201611  
秋惜む日々旅も又家居又 稲畑汀子 ホトトギス 201611  
名水を汲む列にゐて秋惜しむ 多田ユリ子 201612  
流れ藻の美しきに見入り秋惜しむ 占部美弥子 末黒野 201612  
船よりの架橋の灯秋惜しむ 金森信子 雨月 201701  
朽舟へ満ち来る汐秋惜む 藤井君江 馬醉木 201701  
高原の教会の黙秋惜しむ 本池美佐子 201701  
ガジュマルの大樹に佇ちて秋惜む 岡田ちた子 雨月 201702  
船で行く川中に秋惜しみけり 白石正躬 やぶれ傘 201701  
秋惜しむ電車一本遅らせて 大川ゆかり 201702  
デコルテを着こなす女秋惜む 江島照美 201702  
秋惜しむ船行き交へる横浜港 平瀬千会 風土 201702  
秋惜しむ渡り廊下のきしみにも 笹村政子 六花 201702  
相撲甚句流るる町に秋惜しむ 原田しずえ 万象 201702  
雲を眼下に秋惜しむ山の宿 菊池洋子 やぶれ傘 201702  
千年の仁王の眼窩秋惜しむ 林徹也 201704  
秋惜むタワーの先にある未来 稲畑廣太郎 ホトトギス 201710  
成瀬家を偲びて城の秋惜む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201710  
秋惜しむ奥社へ続く木の根みち 佐々木並 春燈 201712  
小江戸にて小半機嫌秋惜しむ 能村研三 201712 佐原
響動せる神鼓に島の秋惜む 水田壽子 雨月 201801  
みちのくの旅路なぞりて秋惜む 水田壽子 雨月 201801  
秋惜む賢治板書の下ノ畑 岡崎郁子 馬醉木 201801  
実るもの散り敷けるもの秋惜しむ 斉藤マキ子 末黒野 201802  
秋惜しむ吾も遊子や懐古園 岡野里子 末黒野 201802  
雲かかる浅間の嶺や秋惜しむ 山崎稔子 末黒野 201802  
三十六歌仙掲ぐ宮居の秋惜む 山本漾子 雨月 201802  
秋惜しむ妣の念珠の糸替へて 石川裕子 万象 201802  
大文字山の頂に立ち秋惜しむ 懸林喜代次 春燈 201802  
自転車を土手に寝かせて秋惜しむ 赤岡茂子 春燈 201802  
分校にあの日の匂ひ秋惜む 藤井啓子 ホトトギス 201803  
秋惜しむ京臍石に触れもして 亀井福恵 京鹿子 201803  
遥かなる稜線に秋惜みけり 岩岡中正 ホトトギス 201804  
暗くなるまで石に坐し秋惜む 浜崎素粒子 ホトトギス 201804  
はじまりし治療に祈り秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201810  
秋惜む夜は雨になるとの予報 稲畑汀子 ホトトギス 201810  
秋惜む昔話もひとくさり 稲畑汀子 ホトトギス 201810  
明日は又明日の予定に秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201810  
秋惜む心に見舞ひ得しことを 稲畑汀子 ホトトギス 201810  
常緑樹落葉樹草秋惜む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
昨日山今日は川見て秋惜む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811  
信州に上州に秋惜む旅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811  
吉備路より三河路へ秋惜む旅 稲畑廣太郎 ホトトギス 201811  
秋惜しむ帝釈さまの木彫師と 能村研三 201811  
秋惜しむスタインウェイの細き脚 頓所友枝 201901  
倒れ木のままのベンチに秋惜しむ 中根美保 風土 201901  
好天の箕面連山秋惜しむ 大橋晄 雨月 201902  
嗣治の乳白色に秋惜しむ 塩見治郎 雨月 201902  
足踏みのシテの振舞秋惜しむ 石黒興平 末黒野 201902  
落日のわたつみの秋惜しみけり 岡野里子 末黒野 201902  
伊予と加賀訪ひ重ね来て秋惜む 千原叡子 ホトトギス 201903  
橋の名のバス停三つ秋惜しむ 青木朋子 201905  
一つづつ会終へて秋惜みけり 稲畑汀子 ホトトギス 201909  
公園の芝生の色に秋惜む 稲畑廣太郎 ホトトギス 201910  
秋惜む心に今日をふり返る 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
秋惜む仕事の山を置きざりに 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
秋惜む旅とて仕事ばかりかな 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
順調に仕事を崩し秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
忌を修し終へたるよりの秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
肩の荷を降ろす如くに秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
秋惜む心抱きて逢ふ友も 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
秋惜みつつ今日も又旅にあり 稲畑汀子 ホトトギス 201910  
皆歳を取りしと語り秋惜む 稲畑汀子 ホトトギス 201910 秋惜む→ 1

2019年11月7日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。