秋の蠅     55句


作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
新聞の文字うごきけり秋の蠅 阿部晶子 199812  
秋の蠅松の鱗を這うてをり 山尾玉藻 火星 199812  
秋の蝿やぎの背中でまどろんで 小枝恵美子 船団 199912  
秋の蝿ときどき羽音立てにけり 徳丸峻二 風土 199912  
ユトリロの白き壁這ふ秋の蠅 石橋萬里 ぐろっけ 200101  
秋の蠅大英博物館昼下り 保田英太郎 風土 200102  
お茶室に殺菌力あり秋の蠅 寺田良治 船団 200103  
抱きたくて泣きたくて秋の蝿払う 中原梓 海程 200106  
一匹叩き三匹は逃げ秋の蝿 吉田さかえ 海程 200108  
一日をおろかに過す秋の蠅 橋本榮治 馬醉木 200110  
秋耕や土塊に蠅とまりゐる 大串章 百鳥 200112  
パン焼きの余熱に寄れる秋の蠅 向江醇子 ぐろっけ 200201  
秋の蝿ぬくもつてゐる鍋の蓋 志方章子 六花 200212  
秋の蠅払へば落ちて歩きゐる 田中子 円虹 200212  
飛ぶといふ構へもあらず秋の蠅 橋本佐智 円虹 200212  
ふつくらと瑠璃いろなりき秋の蝿 加藤みき 200311  
秋の蠅追へばよろけてしまひけり 白井墨絵 遠嶺 200401  
秋の蠅目で追い唱う一茶の句 藤原りくを 八千草 200404  
秋の蠅まぶた重たき日なりけり 戸栗末廣 火星 200412  
秋の蝿一匹連れて吉野屋へ 新井裕 六花 200501  
ごたごたと机上を広げ秋の蠅 斎藤博子 対岸 200501  
秋の蠅ゴム鉄砲で仕留めらる 亀澤淑子 万象 200502  
巖の秀に秋清淨の蠅とべり 瀧春一 菜園 200509  
秋の蠅洗濯物に寄りたがり 三橋早苗 ぐろっけ 200601  
秋の蝿かならず戻る玻璃の内 伊藤早苗 200601  
空に出て金蠅美しき麦の秋 戸栗末廣 火星 200603  
飲食 のものみな菩薩秋の蠅 瀧春一 常念 200606  
秋の蠅淋しがり屋にまとひつく 笹原紀世子 200612  
秋蠅も二、三が渡る墨田川 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
叩かれもせず生きのびし秋の蝿 小林正史 200812  
金賞の楷書体詩に秋の蝿 吉田裕志 200901  
ビーカーの後にまはる秋の蠅 山尾玉藻 火星 201011  
新穂高秋の蝿まふ展望台 武田ともこ ぐろっけ 201012  
秋の蝿パン職人に打たれおり 鈴木てるみ ぐろっけ 201012  
ガラス戸にぶつかり続け秋の蠅 藤井美晴 やぶれ傘 201201  
サンドイッチに脚をかけたる秋の蠅 亀井紀子 201205  
秋の蝿電車の床を歩きをり 藤原若菜 春燈 201211  
灘日和渡船に秋の蝿叩き 和田照海 京鹿子 201302  
グルメでは秋の蠅にも劣らざる 山田六甲 六花 201310  
巡回のナースと入りし秋の蝿 大日向幸江 あを 201311  
日の翳りさつと日向へ秋の蠅 森理和 あを 201312  
座禅の膝人蟄す秋の蠅が来る 瀧春一 花石榴 201312  
擦り終わり手足のきれいな秋の蠅 貝森光洋 六花 201401  
露天湯に置かれて秋の蠅叩き 工藤ミネ子 風土 201402  
秋日濃し生家に残る蠅取器 菊川俊朗 201501  
焼魚現れたるは秋の蝿 森山あつ子 六花 201501  
やはらかく緑に光る秋の蝿 橋本順子 201501  
悟り開いて飛ぶかおい秋の蠅 長谷川博 船団 201505  
秋の蠅日向日向へ身をずらす 大崎紀夫 虻の昼 201510  
俎板が干され近くに秋の蠅 大崎紀夫 やぶれ傘 201701  
傍らに秋の蠅居り爪を切る 七郎衛門吉保 あを 201701  
墨舐めてかしこくなりぬ秋の蠅 中川句寿夫 ここのもん 201705  
かつら屋と言へる句宿や秋の蠅 佐藤雄二 万象 201712  
秋の蝿大砲の口覗きゐる 岩下芳子 201801  
出せば出る力や秋の蠅歩む 三上程子 風聴くや 202003  

 

2020年9月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。