題字

(選句欄のない俳誌は「俳誌のサロン」で抄出させていただいてます)

参加誌募集中! メールでお問い合わせ下さい
haisi@haisi.com
下の俳誌名をクリックしてください。
その俳誌のページが開きます。(参加順)

誌 名
主宰/代表
巻頭の一句
更新日
稲畑廣太郎   五月この美しき朝歩かねば   木村享史

12/16

能村研三   忘れ潮に忘れられたる秋夕焼   木村あさ子
11/13
雨 月 大橋 晄   赤とんぼ用あるごとくついと来て   野上あつ子

12/6

高橋将夫   このまんま消えたき日あり晩夏光   平野多聞
12/5
馬醉木  コ田千鶴子   三伏の闇に平家の自在鉤   川内谷育代
12/1
南うみを   ふんばつて乳呑む子牛秋うらら   谷田明日香

12/7

鈴木呂仁   自分史の中に西日の小部屋あり   山中志津子
11/21
山田六甲

  けもの道抜けて青田の海原へ   住田千代子

11/26
会員誌

  曇天急雨やっと日差や法師?    長崎桂子

11/30
柴田佐知子   囀りや醤油をはじく生玉子   岸 洋子
11/1
安立公彦   山を呑む黄金の穂波秋暑し   近藤真啓
12/4
同人誌   平成に最後の立夏水潔し   網野月を
7/22
会員制   パッコンと缶詰あける五月くる   佐久間ひろみ 10/6
大崎紀夫   ちちろ鳴くこつちを向いてゐるやうに   きくちきみえ 11/29
松本三千夫   蝉穴をつつく少年黙の底   長尾タイ
11/14

火箱ひろ   古都という湿りし空気鉄線花   粟津さくら
10/29
会員誌   梟は人間観察梅雨晴間   田中藤穂 9/10
増成栗人   金色堂かなかなかなの真ん中に   藤原明美 11/28
木村嘉男   天高し生まれ来る者逝ける者   ふなかわのりひと 12/10
VOL.112   降りだしの雨やはらかき花すすき   松岡隆子 10/14

 

PDFファイル
PDFファイルを見るには
Adobe Acrobat Readerが
必要です。
下のアイコンをダブルクリックして
ダウンロードをしてください。(無料)