題字

(選句欄のない俳誌は「俳誌のサロン」で抄出させていただいてます)

参加誌募集中! メールでお問い合わせ下さい
haisi@haisi.com
下の俳誌名をクリックしてください。
その俳誌のページが開きます。(参加順)

誌 名
主宰/代表
巻頭の一句
更新日
稲畑廣太郎   大台に乗せたる歳にお年玉   後藤比奈夫

5/18

能村研三   動脈も枝も紅色春きざす   栗山みどり
5/28
雨 月 大橋 晄   阿修羅像のそびらにひそむ余寒かな  稲岡みち子

5/9

高橋将夫   縄飛ぶ子まるで夕日を抱くやうに   有松洋子
5/11
馬醉木  コ田千鶴子   雪しまく火鳴吸ひ込む登窯   山口順子
5/20
南うみを   境内のひかり集めて針供養  石井秀一

5/8

鈴木呂仁   この家は老人がゐる咳の聲   山崎隆司
5/6
山田六甲

  該当句なし

54/29
会員誌

  河番付橋番付や浮寝鳥   森なほ子

3/1
井上信子   重ならず背かず風の黄水仙   坂場章子

5/23

柴田佐知子   矢を放つまで大寒の虚空かな
4/13
内海良太   斧始木の香一気に立ち上がる   田勝子

5/25

安立公彦   検診を終へて二月の風に入る   荒井ハルエ
5/28
同人誌   去年よりも草臥れますの雲の峰   池田澄子
2/25
会員制   僕の椅子に誰かが座るレモン水   赤石 忍 3/11
大崎紀夫   春の草抜く大方は根の重さ   きくちきみえ 5/26
松本三千夫   畑隅や朝霜残る鍬の先   大川暉美
5/25

火箱ひろ   母さんは着せ替え人形金木犀   豊田信子
12/27
会員誌   楸邨忌古利根川に橋いくつ   浦川哲子 1/31
VOL.97   正面に種薯の箱園芸店   加藤耕子 4/13

 

PDFファイル
PDFファイルを見るには
Adobe Acrobat Readerが
必要です。
下のアイコンをダブルクリックして
ダウンロードをしてください。(無料)